【2024】Pullman Danang Beach Resort (プルマン ダナン ビーチ リゾート)|5つ星ホテルでの家族旅行体験!

ミーアンビーチに直結したビーチフロントの5つ星リゾートである「Pullman Danang Beach Resort 」。ビーチエリアの繁華街から徒歩圏内に位置し、その利便性は高く評価されています。特におすすめなのは、ビーチに直結したインフィニティプール。本記事では、子連れ宿泊体験についてご紹介します。

【取材担当者プロフィール】

海の近くに住むことに憧れて東京からダナンへ移住してきました。幼い子どもを育てるのんべぇママ。子連れで楽しめるダナン・ホイアンの魅力をお届けしたいと思います。

快適な到着と客室の魅力

ホテルの特長

ダナンでも有名なビーチリゾートのひとつ、「Pullman Danang Beach Resort (プルマンダナンビーチリゾート)」。ミーアンビーチに直結したビーチフロントの5つ星リゾートとして、今年で築11年の歴史を誇ります。2023年の世界ラグジュアリーホテルアワードで3つの名誉ある賞も受賞しており、アジアで最高の高級ビーチリゾート、アジアで最高の高級ウェディングリゾート、ベトナムで最高の高級ビーチフロントリゾートに選ばれました。

 

約4ヘクタール(サッカー場約5.5個分)の広大な敷地には186室の客室やコテージ、プライベートビーチ、ビーチ直結のインフィニティプール、さらにスパやキッズスペースなど様々な施設が用意されています。ダナンとホイアンの中間に位置するビーチリゾートが多い中で、プルマンダナンビーチリゾートはダナンのビーチエリアにある繁華街からも徒歩圏内に位置する数少ないビーチリゾートの一つです。

スムーズなチェックイン

ホテルにはヴィラとホテルの2つのタイプがあり、今回はホテルに宿泊しました。1階はプールやスパ、2階がロビーと朝食会場、3階以降が客室となっています。ロビーはエントランスからすぐの場所にありますが、エレベーターのフロア表記ではロビーは2階となっています。

 

エレベーターは快適で早く、涼しいです。

お部屋へ行く途中、廊下を歩いていると必ずスタッフの方が「シンチャーォ(Xin chào)=こんにちは」と挨拶をしてくれるのが印象的でした。

コンパクトな客室

今回泊まったデラックスベイビュールームスーペリアルーム(42㎡)は半オーシャンビューで、それ以外にはベランダからは海以外にも中央の池やプールが見えました。

 

クイーンサイズのベッドでは子どもと3人で寝るには狭かったため、エクストラベッドをリクエストしました。エクストラベッドは1泊あたり134.6万vndで1名分の朝食が含まれています。

 

枕やクッションがたくさん置かれており、子どもがベッドから落ちるのを防ぐのに十分でした。

 

乳幼児用のベビーベッドは無料で提供してくれるそうです。乳幼児用のオムツや粉ミルク、離乳食、またベビーカーなどは用意されていないため、現地で調達するか持参が必要です。

ミニバー提供

ミニバーには、インスタントコーヒーや紅茶のティーバッグ、ソフトドリンクやビールなどがあります。さらに、軽食としてナッツなども価格表と一緒に用意されています。価格はホテル価格で、ソフトドリンク3.5万vnd(約210円)、缶ビール1本は約6万vnd(約360円)程度です。ホテルの前にコンビニがあり、ドリンク以外にフルーツなども売っているのでそちらで買って部屋で楽しむのも良いかもしれません。

食事

ホテル内のレストランでディナーを楽しむ​​

ロビー側とプール側にレストランがあるのでホテル内で夕食を楽しむことができます。今回は朝食会場でもあるロビー側レストランを利用してみました。ソファ席もあり子どもにとって快適です。また、キッズメニューもあり、ピザやフィッシュ&チップス、ナゲットなど、子どもが好む料理が揃っています。ただしホテルのロケーションの良さを考慮すると、繁華街へ出かけるのも良し、「Grab Food」というデリバリーアプリを利用して、お部屋で食事を楽しむのも良いオプションです。

Grab Foodは、ベトナム版のUber Eatsのようなサービスで、外部のレストランや飲食店から料理を注文し、ホテルのエントランスで受け取ることができる便利なサービスです。自分の好みや家族のリクエストに合わせて、様々な種類の料理を選ぶことができます。

世界各国の朝食を楽しめる朝食ブッフェ

朝食はセントラルキッチンをぐるっと囲むブッフェスタイルです。子連れには最適なラインナップでした。サラダやグリル野菜、蒸し野菜など栄養満点の選択肢が揃っています。パンの種類も豊富で、南国ならではのフルーツも楽しめます。シリアル系も充実しており、牛乳は無糖で用意があります。

 

西洋風のトラディショナルな料理だけでなく、日本料理、韓国料理、インド料理、点心など様々な料理のコーナーがあり、複数泊しても飽きることはありません。(ただし、日本料理の種類は若干少なめでした。)麺料理はフォー、バインカイン、カオラウから選ぶことができ、その場でスープを入れて調理してもらえます。卵料理も写真を見ながら選べるので、英語に自信がない方も安心です。

 

レストランには全てにベビーチェアが用意されています。ティースプーンはありますが、子供用の小さいフォークは用意されていないので、必要であれば持参することをおすすめします。

施設内設備とサービス

プールの魅力

ビーチ沿いに位置するインフィニティプールは、徐々に深くなるタイプで、最も深いところは約180cmです。子供用エリアもあり、深さは30〜60cmほどで、小さな子ども連れの家族も安心して楽しめます。タオルやライフジャケットは無料で貸し出されますが、浮き輪などは有料でレンタルではなく購入となります。(空気入れは無料で貸してくれます。)またプールサイドにはバーがあり、フレッシュジュースやスムージー、ビールなどを楽しむことができます。さらに、ビーチ側には子供が遊べる遊具も用意されています。

ジムでのトレーニング

空調設備の整ったジムは、設備も新しく、十分なトレーニングができる規模です。

アフタヌーンティーの優雅なひととき

 

ビーチやプールの景色を楽しみながら、13時から17時までロビー近くのインフィニティーバーで楽しめるアフタヌーンティー。季節ごとにメニューが変わり、今回は春のサクラがテーマでした。(2024年6月30日までの限定メニュー。)2名用のセット35万vnd。

 

3段の丸いアフタヌーンティースタンドには、サンドイッチ、クッキー、マカロン、フルーツなどが並んでいます。美味しいコーヒー(それ以外にも色々とドリンクはありました)とフルーツで、全体のバランスが良かったです。

さくっと行けるキッズスペース

3〜10歳のお子様向けに無料で利用できるキッズスペースがあります。場所はエントランスから少し離れた場所にあり、少しわかりにくいかもしれません。予約は不要で、気軽に訪れて子供の名前と年齢を記入するだけです。ただし、利用人数には制限があり、最大で10名までとなっています。2人のシッターが常駐しており、英語で子供たちと楽しく遊んでくれます。

親切なシッターサービス

キッズクラブにいるシッターさんが別途サービスを提供しています。1人のシッターさんが最大2人のお子様まで同時に対応可能です。サービス時間は9時から17時までは1時間あたり25万vnd、17時から22時までは1時間あたり35万vndです。シッターさんと話した限りでは特に時間制限はなく、22時以降でも対応可能だとのことです。支払いは現金で、直接シッターさんにお支払いとなるそうです。

宿泊してみた感想まとめ

やはり、Pullman Danang Beach Resort の立地は素晴らしいと感じました。ビーチに近く、プールもあることで非日常感を満喫できるだけでなく、ビーチエリアの繁華街にも近いというのは大きな利点です。この立地条件により、充実した旅を楽しむことができました。また、子ども連れの場合は街中のローカルフードを楽しむことが難しいと感じるかもしれませんが、Grab Foodを利用すれば問題ありません。立地的に配達対象外になるお店はほぼありませんので、食事もしっかり楽しめるでしょう。

ビーチ沿いに位置するインフィニティプールは、子連れ旅行者もそうでない方にもかなりおすすめです。どこに座ってもオーシャンビューが楽しめる贅沢な時間でした。このプールと美味しい朝食があれば何泊でもしたいホテルでした。

基本情報

名前 Pullman Danang Beach Resort
住所 101 Vo Nguyen Giap Street, Khue My Ward, Ngu Hanh Son District, Da Nang
電話番号 0236 395 8888
メールアドレス H8838@accor.com
営業時間
ウェブサイト https://www.pullman-danang.com/ja/
https://www.instagram.com/pullmandanangbeachresort/
https://www.facebook.com/PullmanDanangBeachResort/

関連記事