ベトナム独自の文化:地元の飲食店が月に2回定期休業する理由

出店:https://baotayninh.vn/

観光地として人気のベトナムには豊かな自然と多彩な食文化だけでなく、独特の文化的習慣があるのをご存じですか?中でも多くの外国人観光客を驚かせているのが、地元飲食店が祝祭日やお正月以外の日にも定期的に休業すること。この習慣には深い宗教的信念と文化的な意味があるのです。

仏教と飲食店休業の関係

ベトナムの地元飲食店は毎月の1日と15日に休業しますが、その理由は仏教信仰に基づくもの。この2日間は仏教徒にとって特別な意味を持っているのです。菜食を守ることで生命を尊ぶこと、そして僧侶が集まって説法を行う日でもあります。これらは精神的な浄化と罪の浄化が目的とされています。

罪の軽減と逃避の実践

仏教を理由に休業日を設けているベトナムの地元飲食店。単に宗教的食文化の一環として行っているだけでなく、休業日を設けることにより殺生などを軽減し、生命を尊重。そして、仏教では重罪である動物を殺して食べる行為の罪を軽減するためという意味も含まれています。休業は深い信仰心を持つベトナム人にとって、とても重要な意味を持つのです。

経済的影響と地域社会・信仰の支え

定期的に休業日を設けることは、経済的にも大きな影響を与えています。これらの日には飲食店の売り上げは減少。また、知らずにやってきた観光客が困惑する場合も。顧客にも大きな影響を与えている一方で、地元の顧客の多くは、同じ信仰に基づいて同日には菜食を守るため、地域社会の文化や信仰を支える助けにもなっています。

訪問前に知っておきたい注意点

実際にベトナムを訪れる前に1日と15日のような特別な日について、事前に確認しておくと安心です。地元飲食店は休業についてSNSなどで事前告知しない場合が多いため、予めベトナムにとって特別な日をチェックしておくことで、休業日を避けることができます。また、観光客向けのレストランやホテルは該当日でも通常通り営業しています。必ず行きたいお店やディープなベトナム旅行を計画している方は、訪問日に気を付けましょう。

休業日は信仰の証。ベトナムの文化と魅力を知ろう

ベトナムの地元飲食店が月に2回定期休業するこの独特な文化は、単に伝統というだけでなく文化と信仰の尊重を表しています。このような文化を理解し尊重することで、より深くベトナムを体験することができます。旅行の日取りは旅のテーマやスケジュールに合わせて慎重に選びましょう。するとこの独自の習慣が観光客にとっての新しい刺激となって、ベトナムの様々な魅力をさらに掘り下げてくれるはずです。

関連記事